【緊急白髪カバーテク★その1】ヘアカラートリートメントで、サロンまでのあと数日を乗り切る方法 

ヘアカラートリートメントで根元を白髪染め

白髪が増えてくると、どうしても欠かせないのがヘアカラー。白髪率が増えてくると、その依存率はますます高くなってきます。そうなってくると、伸びてきてしまう根元の白髪との追いかけっこは、結構大きなストレス。普段サロンでカラーしている人も、ホームカラーで染めている人も、2週間もすれば気になってきます。そのたびにサロンに頻繁に行くのも面倒だし、頻繁なカラーリングで髪への負担も気になるところ…。

そこでおすすめなのが「ヘアカラートリートメント」でシャンプーついでに根元だけを染める、つまり、白髪をセルフリタッチする方法。実際、私はこの方法で次のサロンへ行くまでの何日かをやり過ごしていますが、美容師さんが次に染める時の負担も軽く、自分も根元を気にせず快適でいられます。仕事柄、いろいろなサロンでヘアカラーをさせていただいていますが、次にヘアカラーをするとき、どこでも「これなら特に影響ないよ」と言われるのをいいことに、この方法がすっかり定着。「根元の白髪ストレス」はだいぶ軽減されました。百聞は一見に如かずということで、ヘアカラートリートメントで染めた、私のビフォー&アフターを公開!

 

ヘアカラートリートメント前
【 BEFORE】ヘアカラートリートメント前。白髪率10%超えの私は、染めてから20日で既にこんな状態…。

 

ヘアカラートリートメント1回使用後
【AFTER1】1回使用後。キラキラ感は抑えられて、ほとんどわからない!

 

 

ヘアカラートリートメント2回使用後
【AFTER2】普段は1回しかしないけど、今回はここで公開するということで、翌日にももう1回やってみた! 2回したら、もうほとんど白髪があることすらわからないほど!

 

この方法のいいところはこんなに!

①ベースのカラーがどんなヘアカラーでも大丈夫!

現状のベースになっているカラーリングがアルカリ性ヘアカラー(サロンで行うファッションカラー、おしゃれ染め、白髪染め、グレイカラーと言われるもの、あるいは自宅用ホームカラー剤)でも、ヘアマニキュアでも、ヘナであっても、ヘアカラートリートメントでの根元染めが可能で、次のカラーをするときに影響が少ないと言われています。もちろん、他のヘアカラーと併用せず、ヘアカラートリートメントのみで白髪を染め続けることも可能です。

②頭皮に負担が少ない

一般的なアルカリ性ヘアカラー剤(サロンカラーやホームカラー)には欠かせない成分であり、頭皮トラブルの一因とされる「ジアミン」がヘアカラートリートメントには、含まれていません。ヘアカラーをすると、頭皮にかゆみや赤みが出る、といった敏感肌の人にもおすすめ。気になるニオイもありません。

③自宅で気軽にできて、手についてもすぐ流せる!

ヘアカラートリートメントにはよく手袋が付いていますが、仮に手袋なしでやっても、シャンプーしている間に手の汚れは取れてしまいます。爪に入り込んでも大丈夫!

一方、ヘアカラートリートメントを使ったことのある人は「ちゃんと染まらない…」という実感をもっている人も多いよう。これはヘアカラートリートメントがシャンプー後に普通のトリートメントとして使って「徐々に白髪を染める」というコンセプトのものなので、白髪量が多いと「ちゃんと染まらない」という印象を持ってしまうせいでしょう。しっかり染める方法は……シャンプー後の濡れた髪ではなく、乾いた髪に使えるものを選ぶことと、やり方をしっかりおさえること。「トリートメント」という言葉に惑わされがちですが、色を入れるのが第一目的ならば、乾いた髪の白髪部分のみ使えばOK。処方も機能もマイルドなホームカラー剤のようなものだと思いましょう! イメージが変われば使い方も変わり、あのキラキラと存在感を放つ、腹立たしい根元白髪もたった1度でリタッチ可能。髪にも負担なく、次のサロンカラーでも美容師さんにムダな手間をかけることもなく、自分も根元が気になってイライラ、という状態から解放されます!「サロンまでのあと○日」用のスマートテクニック…慣れれば本当に簡単だし、ホームカラーをやったことのある人であればなおさらです。ぜひマスターを!



ヘアリスタ流★ヘアカラートリートメントの白髪リタッチテクニック

★用意するもの★

ヘアカラートリートメントする際の道具

●ヘアカラートリートメント

シャンプー前の乾いた髪に使うタイプと、シャンプー後に使う濡れた髪に使うタイプがありますが、一度で根元白髪を撲滅するには、「乾いた髪に使えるタイプ」を選ぶことが最大のコツ! 上の写真は

アデランス ベネファージュ ビューステージ ヘアケアカラートリートメント 150g ¥2,980(税別)とてもよく染まる乾いた髪に使うタイプ。髪色にもよりますが、ファーストトライなら明るめ明るめを選ぶと失敗がないかも。次に染めるときに美容師さんの余計な負担をかける心配がありません。

そのほか、以下も「乾いた髪に使うタイプ」。私も何度か使っておすすめしたいものです。いずれも、なんだか色素の濃度が「濃い!!」という感じがするせいか、とっても使い勝手のいいヘアカラートリートメントです。

LPLP  ヘアカラートリートメント 200g ¥3,000(税別)全5色から選べるのがうれしい。一回分のパウチタイプもあるので、初めての人のお試しにもおすすめ。

kulo カラートリートメント 200g ¥2,680(税別)メディアで活躍する内科・皮膚科医の友利 新さんが開発に関わったヘアカラートリートメント。これもよく染まります。サロン併用の方におすすめなのはやはり明るめのライトブラウン。

 

●ヘアカラー用コーム

100円ショップでも手に入りますし、箱入りのホームヘアカラーに入っているものでもOK。私が愛用しているのは、ホームヘアカラーの付属品ですが、ブラシの毛量たっぷりでとっても使いやすい!
 

●ラップ

放置するときに使用します。ヘアキャップもあるとさらによし。

 

★オプションとして★

●根元から付けられるトリートメントやヘアマスク。

意外と少ないのですが、ちゃんとあります。おすすめはこのあたり。

シンプリス + インセンス スキャルプ&ヘア トリートメント 240g ¥4,200(税別)

イーラル ピュアトリートメント スムースa 250g ¥3,500(税別)

アンプルール プレミアムフィト スカルプ&ヘアマスクN 150g ¥3,200(税別)

 

白髪染めトリートメントの方法

①お風呂に入る直前、服は脱いでおき、髪を濡らす前の状態で行うのがベスト。ラップの上やトレイなどの上にヘアカラートリートメントをたっぷりめに出し、コームのブラシ部分にまんべんなくつける。手が汚れてもシャンプーすれば落ちるので、手袋はしてもしなくてもOK。

②まず、いつもの分け目の根元にコームでへカラートリートメントを塗る。さらに、こめかみやもみあげなど生えぎわ周りが気になっている人はそこにも最初に塗っておく。ケチらずたっぷり塗るべし。

③最初に塗った分け目から1.5〜2センチ刻みでコームの先端側を使って髪にまっすぐな線状の分け目をつけ(スライスを取って)ヘアカラートリートメントを塗り足していく。

④染めたい部分に全部塗り終わったら、上からラップをぴっちり巻く。生えぎわやこめかみもしっかりカバーできるように巻いて。後ろの髪がじゃまなら結んでおく。

⑤ラップで頭をぴったり巻いたら、その上からドライヤーの温風を5分くらい当てて温める。温めることで、色がしっかり定着するので、ここで時間と手間を惜しんではいけません! 面倒に思えたら、サロンに行く時間と手間を計算すべし。オプションとして、この後さらに、シャワーキャップをかぶってお風呂で20分くらいあたたまれば、色がさらにしっかり定着。特に冬はお風呂とのダブルあっためが有効です!

⑥しっかり温めたら、シャワーで流していつもどおりシャンプーをする。指先や爪に色が残っていても、この段階で取れるので安心して。

⑦最後に、トリートメントやコンディショナーを使って終了。根元から使えるトリートメントなら、開き気味になったキューティクルをトリートメントの修復成分で上からコートしてぴったりと閉じ、色の流出を最小限に抑えられる。根元を染めているので、根元から使えるものを使うのがおすすめ!

 

 

いかがでしたか? 今日から早速マスターして、サロンまでの数日を白髪レスで快適に乗り切って!

投稿者プロフィール

ikumanami
マチュア女性のヘア情報サイト『HAIRISTA』編集長。幼い頃、化粧品販売の仕事をしていた母の影響で、コスメ、ヘア&メイクに興味をもつ。女性誌編集部での美容ページ担当を経て、フリーランスの美容エディター・ライターとして独立。現在は主に一般女性ファッション誌・美容雑誌のヘア、スキンケア、メイクアップ関連の美容ページのほか、化粧品メーカーの広告、WEBの編集・ライティングを手がける。
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

白髪染め
花王 リライズの「黒髪メラニンのもと」で天然成分100%の白髪ケアが可能に!

目次1 次にカラーする日まで、あと○日…のモヤモヤを自分で解決!2 マメ科の植物と麹の成分でついに完 …

シャンプー
【注目アイテムお試しリスタ③】毎日のシャンプーがヘッドスパになる!?

最近の「ヘアケア」と題した記事やニュースで圧倒的に多いのが、「頭皮」に関するもの。ヘアケアアイテムも …

白髪染め
白髪染め
市販の女性用白髪染めランキング【2018年度最新版】

年を重ねると、どうしても気になってしまうのが白髪だと思います。特に美意識の高い女性にとっては、少しの …