【ヘアブランド研究/ルネ フルトレール①】〝頭皮=土壌論〟の生みの親は、植物に精通するフランス人美容師だった!

 
ルネ フルトレール

植物マニアの美容師が立ち上げた、フランスのボタニカルヘアケアブランド

ボリューム、うねり、ツヤのなさ、パサつき…など、髪悩みを抱える大人の女性たちの間に、頭皮ケアはここ数年で一気に身近なものになってきました。多くの女性用頭皮ケアアイテムが登場し、ヘアサロンでは頭皮クレンジングやヘッドスパが当たり前に行われている現在。今の時代の到来をまるで予言していたかのように、60年も前から頭皮と髪について研究を重ねてきた、ヘアサロン専用ブランドがあります。それが「ルネ フルトレール」です。

ルネ・フルトレール 氏
ルネ・フルトレール 氏(René Furterer)




まずは頭皮を健やかに保つこと

ルネ・フルトレール (René Furterer)は、1950年代にパリのヘアサロンで活躍していたフランス人美容師です。今のヘアケア界で常識となっている「髪をキレイにしたいなら、まずは頭皮を健やかに保つこと」「健康な髪は健康な頭皮から」という考え方の生みの親といわれています。「頭皮=土壌、髪=作物」……その考え方の源は、彼が南仏のプロヴァンス地方で過ごした幼少期にまでさかのぼります。プロヴァンスの豊かな自然に包まれて、そこで育まれた植物を愛し、祖母から植物に対する深い知識を与えられた彼だからこそ到達できた、揺るぎない信念となったのです。

時は1950年代初頭。彼の妻の経営するヘアサロンで美容師として働いていた彼は、女性たちの髪のダメージに日々悶々と悩んでいました。実はこの時代、マリリン・モンローが世界のエンタメシーンを席巻していた頃。プラチナブロンドにカーリーヘアは、世の女性たちの憧れの的になったのです。シックを美学とするパリジェンヌまでもが、そのスタイルを取り入れるようになり、パリの彼のサロンにも、そんなクライアントが続々と訪れていました。

マリリン・モンロー

マリリンのようなプラチナブロンドにするためには脱色、カーリーヘアにはパーマが必要です。もし同じスタイルをしようとするなら、当時のカラーリングとパーマ技術によるヘアダメージは相当なものだったことでしょう。つまり、美容師の手によって流行の髪にしてもらった途端、その女性の髪はボロボロになってしまうのです。

なのに、当時その深刻な髪の傷みに対応するヘアケア製品はありませんでした女性たちの「おしゃれをしたい」という欲求と引き換えに髪のコンディションは最悪になってしまう……。美容師としてそのジレンマに悩んでいたルネは、試行錯誤の末、ひとつのヘアケア製品を世に送り出します。それが、ドライヘア用トリートメント「リバイタライジングクリーム」。髪の主成分はケラチンタンパクですが、植物に造詣の深いルネは、タンパク質を豊富に含むダイズ成分をたっぷり配合。ダメージヘアの内部修復を試み、見事に成功したのですこのトリートメントは、ダメージに悩んでいたパリジェンヌたちを大いに喜ばせ、ルネのサロンはイノベーティブなヘアケアサロンとして、パリで名を馳せるようになります。

リバイタライジングクリーム
1957年、発売当初の「リバイタライジングクリーム」。傷んだドライヘアを潤して補修する、革新的なヘアケア製品は、パリの街で大評判に
カリテ マスク
現在のスター製品「カリテ マスク」はルネの「リバイタライジングクリーム」のDNAを受け継ぐ逸品。エシカルなシアバターが毛髪内部を補修し、パサつきを抑えて潤うツヤ髪に。ルネ フルトレール カリテ マスク 200ml ¥3,800(税別)/ピエール ファーブル デルモ・コスメティック ジャポン

 

「豊かな土壌に豊かな植物が育つように、美しい髪は健康なスカルプから生まれる」

ルネは「リバイタライジングクリーム」が成功しても、今生えている髪を美しくするだけでは不完全だと考えていました。美容師として経験を積むほどに「これから生えてくる髪を美しくするには、土壌である頭皮を健康にしなくては」という強い信念もつようになっていたからです。頭皮の血行を促進し、活性化させ、ツヤとハリのある美しい髪を作るアイテムを作りたいと思ったとき、彼が真っ先に頼ったのは、やはり植物の力。幼少期を過ごしたプロヴァンスで、少年の頃より祖母に様々な植物とその効用を叩き込まれていたからです。

スカルプケア用オイル「コンプレックス 5」誕生

彼は、厳選した良質なエッセンシャルオイルをふんだんに配合し、念願のスカルプケア用オイルを完成させます。ここ最近、シャンプー前のプレケアオイルが続々とリリースされていますが、今から60年も前に生まれたこの「コンプレックス 5」こそ、そのパイオニア。日本のヘアサロンや女性たちから愛され続け、今もブランドの中核をなすスターアイテムとして人気を集めています。

ルネ フルトレール コンプレックス 5
発売当時からほとんど処方を変えていない、プレケアオイルの名品。シャンプー前に塗布してからマッサージすることで、毛穴の汚れを浮かせながら、頭皮をやわらかにする。ラベンダー、オレンジなどのエッセンシャルオイルブレンドで、血流促進をサポート。ルネ フルトレール コンプレックス 5 50ml ¥6,000/ピエール ファーブル デルモ・コスメティック ジャポン

 

 

プリペア、ウォッシュ、トリート。今のヘッドスパの原型を作り上げる

1957年、ルネはヘアケア専門ブランド「ルネ フルトレール」を立ち上げ、パリのサロンでオリジナルのヘッドスパメニューをスタートさせます。「コンプレックス 5」を使ったオリジナルのマッサージで頭皮を活性させ、続いてその人の頭皮状態に合わせたシャンプーで洗浄、最後にスカルプとヘアに合わせたトリートメントで仕上げ。それもまた、当時としては斬新なもの。一人一人の髪の状態を見て、丁寧にカウンセリングをし、オーダーメイドでケアをしていく、という今のヘッドスパスタイルの原型がここにあります。

 

ブランドが成長していくうちに、ルネは一人の人物と出会います。それが、薬剤師のピエール・ファーブル氏。ルネ同様、自然や植物に畏敬を抱き、膨大な植物学の知識をもつ人物です。1951年、南仏カストルに開いた小さな薬局から事業を始めていた彼は、自然の力を引き出した独自の製品を発信し、フランス屈指の製薬会社へと成長させた事業家になっていました。そんなピエールと、南仏プロヴァンスをルーツにもつルネは意気投合。彼に自身のブランドビジネスを託します。こうして、「ルネ フルトレール」は製薬会社の智見と、植物の力を凝縮したスカルプ・ヘアケアブランドへと成長を遂げ、今では世界60か国以上の女性たちに愛されているのです。

ルネ フルトレール  オフィシャルサイト(日本語):ルネ フルトレール

ピエール ファーブル社(英語):ピエール ファーブル

投稿者プロフィール

ikumanami
マチュア女性のヘア情報サイト『HAIRISTA』編集長。幼い頃、化粧品販売の仕事をしていた母の影響で、コスメ、ヘア&メイクに興味をもつ。女性誌編集部での美容ページ担当を経て、フリーランスの美容エディター・ライターとして独立。現在は主に一般女性ファッション誌・美容雑誌のヘア、スキンケア、メイクアップ関連の美容ページのほか、化粧品メーカーの広告、WEBの編集・ライティングを手がける。
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

正しいシャンプー
頭皮ケア
貴女もきっと改善できる!女性に起きる薄毛の原因と対策

目次1 女性の薄毛に効果的な対策方法はあるの?2 女性の薄毛の原因一覧2.1 女性の薄毛の原因①:ホ …

シャンプー
【注目アイテムお試しリスタ③】毎日のシャンプーがヘッドスパになる!?

最近の「ヘアケア」と題した記事やニュースで圧倒的に多いのが、「頭皮」に関するもの。ヘアケアアイテムも …

頭皮ケア
シャンプー
女性におすすめの頭皮ケア・地肌ケア方法

頭皮は肌の一部です。年齢を重ねると顔にシワができるのと同じように頭皮も老化していきます。もちろん、頭 …