市販の女性用白髪染めランキング【2018年度最新版】

年を重ねると、どうしても気になってしまうのが白髪だと思います。特に美意識の高い女性にとっては、少しの白髪でも放っておけない気持ちになるのではないでしょうか。しかし、実際に白髪があっても美容室に行って白髪染めをしてもらうのは気恥ずかしさやめんどくさい所もあり、何より料金も高くなってしまいます。

そこで経済的にも精神的にも一番手っ取り早いのが、市販で売られている白髪染めを使って自分で白髪染めをしてしまう方法。ですが、そうは言っても実際に市販の白髪染めは種類はいろいろ、どれを使っていいか分からないと思っている人が沢山いるのではないでしょうか。

今回は2018年度最新版の女性用白髪染めランキングについて色々とご紹介していきますので、自分に合う白髪染めを是非見つけてほしいと思います。



白髪染めの選び方

まずは白髪染めの選び方についてです。白髪染めと言うのは本当に沢山の種類があります。白髪になる、と言う状態は客観的に考えると皆同じなのですが、だからと言って白髪になった人全員が同じ白髪染めを使えばいいかと言えばそれは違ってくるのです。

なぜなら白髪でも一人一人頭皮や髪の状態が違いますし、体質や好みなども分かれてくるからです。故に、一概にどの白髪染めを使っても良いとは言い切れないのです。むしろどれでも使っていたら逆に頭皮や髪に悪影響を及ぼす可能性があります。白髪染めは本来染める事が目的ではありますが、最も大事にして欲しい考え方は自分に一番適している白髪染めを使って染める、と言う事です。

沢山ある白髪染めの中から自分に合う白髪染めを見つけらる為にも、白髪染めの具体的な種類についてご紹介していきます。

 

目的別でタイプを選ぶ

白髪染めを選ぶ時、抑えておきたいポイントと言うのは6つあります。この6つを抑える事によって白髪染めのタイプを自分で把握する事ができますし、何より自分の理想の白髪染め、自分に一番適している白髪染めがどれなのかと言う事が分かってくると思います。

基本的に、6つのポイントはそれぞれ目的別にタイプが分かれています。白髪染めと言ってもやはり一つ一つの商品によってタイプが分かれてくるのです。自分が購入する白髪染めがどのタイプなのか、と言う事を意識して選ぶことをおすすめします。

 

液状・乳液タイプ

液状・乳液タイプの白髪染めは、まず2種類の染剤が入っています。この2種類を容器内で混ぜ合わせて、コーム状のノズルを使用しながら染めていく事になります。

自分の白髪の好きな所から直接塗布していき、もう片方の手で染剤を馴染ませていく、と言うようなイメージを持たれると分かりやすいと思います。液状・乳液タイプの特徴はとても伸びがいい所にあります。

しかし、液状・乳液タイプですので液ダレがある為、塗布していく上でスキルはいると思います。ある程度していれば慣れてくるとは思いますが、広範囲に渡って白髪染めをしたいと言う人にはおすすめのタイプです。

 

クリープタイプ

クリームタイプの白髪染めは、液状・乳液タイプ同様2種類の染剤を混ぜ合わせるタイプのものと、容器についているボタンをプッシュする事によって染められるタイプのものがあります。

特徴としましては、とろみがあります。ですので、液状・乳液タイプと比べても液ダレしにくい為、塗布しやすいと言うメリットがあります。クリームタイプは部分染めの場合でも気軽に使用する事が出来るのではないかと思います。

必要な量だけ使い残った薬剤は次回に使う事が出来る為、広範囲ではなく部分染めをしたいと思っている人にとってはコスパが良くおすすめできるタイプになります。

 

ムース・泡タイプ

ムース・泡タイプの白髪染めは、染剤を直接容器に入れて振る事によってムース・泡状にすることができます。

イメージとしては、その泡状の物を手で直接染めたい部分に揉み込んで染めていく、と言う感じになります。ですので、とても簡単で楽に白髪を染める事ができるのが特徴です。部分染めと言うよりかは、全体的に白髪染めをしたいと言う方におすすめのタイプになります。

 

トリートメントタイプ

トリートメントタイプの白髪染めは、トリートメント自体にカラー剤が入っています。

基本的にはシャンプー後にトリートメントを付ける方が多いと思うのですが、シャンプー後にこのトリートメントタイプの白髪染めを付ける事によって徐々に白髪が染まっていく、と言う流れになってきます。

トリートメントタイプは髪に対するダメージが少ないと言うメリットはありますが、即効性があまりないと言うデメリットがあります。使用自体はとても簡単なのですが、すぐにでも白髪染めをして白髪を隠したいと思っている人にとっては他のタイプの白髪染めを使用する方が良いかもしれません。

しかし一気に白髪染めをしない分、周りの方に白髪染めをしている事がバレない、と言うメリットもあるとは思います。

 

ヘアマニキュアタイプ

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、これまでご紹介してきた4つのタイプとは少し異なってきます。大きく違ってくる点は、髪の毛を脱色しないと言う事です。

つまりヘアマニキュアタイプと言うのは、表面上だけ白髪染めをする、と言うイメージになります。ですので、表面上だけを染めていく為髪を痛めずに白髪染めをする事はできますが、その代わり色落ちしやすい、と言うデメリットがあります。

しかし、白髪を気にしている人の中には頭皮が弱い方もいると思います。通常のヘアカラーが出来ない人や、髪や頭皮へのダメージを少しでも軽減したいと言う方にはこのヘアマニキュアタイプはおすすめのタイプになってきます。

 

シャンプータイプ

シャンプータイプの白髪染めは、トリートメントタイプと同じような感覚になります。シャンプー自体にカラー剤が入っていますので、日々のシャンプーで少しづつ染まっていくと言うイメージになります。

特徴としては、待ち時間がない、と言う事です。簡単で便利に白髪染めをする事ができますが、やはり一度では中々染まらないと言うデメリットがあります。

 

髪の痛みを抑える成分が入っている白髪染めを選ぶ

白髪染めに関して一番需要な事は、髪の痛みを抑える成分が入っている白髪染めを選ぶ、と言う事だと思います。白髪染めはあくまでも一時期なものに過ぎません。つまり白髪が出てくればまた白髪染めをする事になるのです。

ですので、自分の頭皮や髪の事を考えて少しでも痛みを抑える成分が入っている白髪染めを選ぶようにしないと、頭皮や髪へのダメージは蓄積されていく事になり結果的に頭皮が痛くてカラーできない、あるいは髪へのダメージがひどくて綺麗に染まらない、色が入らない、と言う状態になってしまうのです。

自分で白髪染めをする事によって最終的に白髪染めをしたくてもできない、と言う結末にならない為にも髪の痛みを抑える成分が入っているものを選んで白髪染めをするようにしてほしいと思います。髪や頭皮の事を考えるなら、一番オススメできるのはトリートメントタイプの白髪染めになります。

 

トリートメントタイプの白髪染めは髪を保護してくれる

なぜならトリートメントタイプの白髪染めと言うのはトリートメントと言うだけあって、髪を保護してくれる役割があります。ですので、ダメージを最小限に抑えながら徐々に染めていく事ができるのです。頭皮や髪の事を長い目で考えていくなら絶対にトリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

しかし、唯一の難点と言うのが先ほども書きましたが中々染まりづらい、と言う所にあります。即効性はあまりありませんが、逆を言えば即効性がある白髪染めと言うのはそれだけ強いダメージを自分に与えて染めている、と言う事が言えるのです。

ですので、自分の頭皮や髪の事を考えて決めるか、あるいは審美性を重要視して目先の事を考えて決めるか、と言う事になってくるとは思います。

 

白髪染めの臭いが苦手な人向けの白髪染め

白髪染めと言うのは多少なりとも臭いがあります。具体的には鼻にツンと来る臭いです、苦手な人も中にはいると思います。

白髪染めと言うのは浴室であったり密閉空間でする人が多いと思いますので、臭いに敏感な人は臭いを軽減している商品を選んだり染める環境を考える必要があると思います。また、臭いが軽減されている商品を選ぶ事によって、

臭いによって体調が悪くなる事もないですし、白髪染めをした後仮に誰かにすぐ会ったとしてもバレずに済むと思います。白髪染めには臭いがある、と言う事も把握して選ぶようにすると尚良いと思います。

 

白髪染めの注意事項

白髪染めの一番の注意事項は、やはり髪の痛みを抑える成分が入っている白髪染めを選んで白髪染めをしていく、と言う事だと思います。

髪や頭皮のダメージと言うのは確実に蓄積されていきます。特に頭皮や髪の奥のダメージと言うのは自分では目視出来ない為、疎かになりがちな人が多いのです。髪にダメージを与えてしまうと言う事は単純に白髪が染まりにくくなる、と言う事が言えます。

そして一度痛めてしまった髪を修復すると言うのはとても難しい事なのです。つまり考え方としても、ダメージを修復しながら白髪染めをしていくと言う考え方よりも、いかにダメージを与えずに白髪染めをしていくか、と言う考え方の方が自分の未来の頭皮や髪を真剣に考えるならば適した考え方になってくると思います。

ですので、髪の痛みを抑える成分が入っている白髪染めを選んで使用する事が結果としていつまでも綺麗でダメージフリーな白髪染めを実現する事が出来ると言えると思います。

 

 

白髪染めのおすすめランキング10選

近くの薬局、コンビニ、ネット通販で販売している市販の商品なので参考にしてみてください。

 

10位:花王 ブローネ泡カラー

価格 698円

ブローネ泡カラーは、広範囲を染めるのに適した白髪染めになります。

2剤をシェイクして泡状にし、それを直接出して揉み込むように馴染ませていくため使用も簡単ですし低コストですので気兼ねなく白髪を染め続ける事ができると思います。

評判としては低コストであると言う事と、そして無難に仕上がる、と言う意見が多いです。値段も安価ですので、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

 

9位:ウエラトーン ハイテッククリーム

価格 1934円

こちらの商品は白髪を染める時に必要な道具が全て付属しています。ですのでとっさの時でもすぐに染める事が出来る事が利点になると思います。

しかし、やはりコストの面を考えると頻繁には買おうと思えない値段にはなってくると思います。ですが、ウエラと言うブランドと値段だけの事はあって実際に使用してみた多くの方は仕上がりに満足しています。

特につやもよく髪もあまり痛まない、そして臭いもそんなにキツくないと言う所がメリットとしてあるようです。

 

8位:ホーユー シエロ ヘアカラーEXクリーム

価格 850円

こちらの白髪染めは特にリタッチに向いていると思います。いわゆる部分染めにとても適しており、安価ですし使いたい時に使いたい量だけ使って染める事が出来るためとても経済的と言えると思います。

仕上がりもナチュラルに染めてくれますし、髪にも優しい成分が沢山入っていて満足度の高い評価を得ています。

 

7位:サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ

価格 689円

こちらの白髪染めはヘアマニキュアタイプの白髪染めになります。

使用がとても簡単である事、そして安価である事、更には放置時間が5分で良いと言う事に付け加えカラーの持ちが非常に良いと言う事がメリットとして上げられます。

実際にしようした方の評判もよく、アマゾンでも高い評価を得ている商品になります。

 

6位:ラサーナ ヘアカラートリートメント

価格 3024円

ラサーナの白髪染めは海泥を使ったトリートメントタイプの白髪染めになります。

髪のダメージが多い人に特にお勧め出来る白髪染めになります。修復成分もたっぷりと入っていますし、キープ力が長いと言うのも評判としてあるようです。

 

5位:アートネイチャーラボス スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

価格 2916円

この白髪染めはトリートメントタイプになります。一番の魅力は放置時間がたったの3分で良いと言う所だと思います。

放置時間が億劫な人や、髪へのダメージを気にされている方にぜひオススメです。唯一のネックと言えばコストだけになると思います。

 

4位:プリオール カラーコンディショナー

価格 1382円

プリオールはマニキュアタイプの白髪染めになります。

シャンプー後にタオルドライをして塗布後約5分まつだけですので、とても簡単で待ち時間も短いのが特徴です。マニキュアタイプでありながらコンディショナーですので、髪へのダメージを考え染めて行きながらもケアしてくれる、と言うのが最大のメリットになってくると思います。

こちらもイメージとしてはほんのり染まって行く、と言う意見が沢山あります。髪へのダメージを考えている方や白髪が目立たなくなればいいかな、と思っている方に是非おすすめです。

 

3位:フラガール カラートリートメント

価格 2160円

トリートメントタイプの白髪染めになります。何と言っても髪へのダメージが少なく、そして仕上がりの質感も高い評判があります。

トリートメントタイプは中々色が入らない事が多いですが、こちらの白髪染めは1回目から白髪が目立たなくなる程の実感を得たと言う人が沢山います。

香りもよく、髪もサラサラで質感も良くなったとの声を沢山聞きますので、おすすめです。

 

2位:グローイングショット カラートリートメント

価格 3132円

トリートメントタイプで特にお勧めしたいのがこのグローイングショットです。

髪のケアに特に力を入れている所ですし、いわゆる髪を痛めずに染めて行く、と言う白髪染めの理想を忠実に再現してくれる可能性がとても高い白髪染めだと言えると思います。

お値段は少ししますが、毎日のトリートメントケアで髪を修復して行きつつ自然に色味を入れていき白髪染めをしていくと言う意味でもとてもおすすめできる商品になります。評判もとても良いです。

 

1位:利尻カラーシャンプー ヘアカラートリートメント

価格 トリートメント3000円 カラーシャンプー3500円

一番のオススメであり強みは無添加である、と言う事だと思います。

そして尚かつトリートメントタイプですので、ダメージを気にする事なくむしろケアをしながらしっかりと染上げてくれる、と言う所が魅力的な部分だと思います。

色味は全部で4色ありますので、自分の好みの色を選び自然に染めて行ってほしいと思います。値段は高いですが、とにかく使い勝手がよく、確かな結果をもたらしてくれる評判の高い白髪染めになります。

やはり本当に良い物というのはそれなりの値段はします。利尻の白髪染めは総合的に考えても一番お勧め出来ます。

 

おすすめ白髪染めまとめ

市販の白髪染めの説明とランキングについて色々と書いてきました。自宅で市販の白髪染めを使って白髪を染めると言うのは、気軽に誰にもバレずにできますし楽でいいと思います。

しかし、経済的に負担が掛からなかったとしても白髪染めを選びを間違えると自分の頭皮や髪に負担を掛けすぎてしまうことにもなってしまいます。市販の白髪染めで自分で白髪を染めると言う事はある意味リスキーでもあるのです。

やはりプロの美容師に白髪染めをしてもらうと言う事は考え方としては持っていてほしいと思います。ちゃんと資格があり知識のある美容師さんに白髪染めをしてもらえれば長く良い状態を保つ事が出来る人も中にはいるのです。

一人一人の頭皮の状態や髪のダメージを考えて薬剤をチョイスし、また量や放置時間なども調整する事によって髪にダメージが掛からないように染めてくれるのが美容師だと思います、それが仕事でありプロです。

もちろんお金は掛かってきますし、気恥ずかしさや億劫な部分はあると思いますが、自分で上手く白髪染めができない人や頭皮や髪のダメージが気になる方は美容師さんに白髪染めをお願いする方がいいと思います。

しかし、正しい知識を得れば自分で白髪染めをする事も十分に可能ではあるのです。ポイントは髪の痛みを抑える成分が入っている白髪染めを使う、と言う事です。それはトリートメントタイプが一番適していると思います。ぜひ試してほしいと思います。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

白髪染め
花王 リライズの「黒髪メラニンのもと」で天然成分100%の白髪ケアが可能に!

目次1 次にカラーする日まで、あと○日…のモヤモヤを自分で解決!2 マメ科の植物と麹の成分でついに完 …

白髪染め
【緊急白髪カバーテク★その2】1分で白髪が隠せる、おすすめ白髪用コンシーラー!

あわただしい朝のおでかけ前に限って「あ〜白髪、出てきちゃった!」と気づくのはよくある話。ヘアカラート …

ヘアケア
【緊急白髪カバーテク★その1】ヘアカラートリートメントで、サロンまでのあと数日を乗り切る方法 

目次1 ヘアカラートリートメントで根元を白髪染め1.1 ①ベースのカラーがどんなヘアカラーでも大丈夫 …