【アイロンで巻き髪】短くてもやっぱり巻くべし! ショートボブ でもできる簡単〝なみなみ巻き〟

ショートボブのヘアスタイル
photo/横山翔平(t.cube) ヘア&メイク/豊増彩奈(RUALA) モデル/飯田妙子さん(主婦)

ショートボブの巻き髪

巻き髪はアイロンを使用

短い髪だと、「巻けない」「巻かなくてもいい」と思っているアナタ! いえいえそんなことありません。短くてもアイロン巻きを入れている方が仕上がりがずっと素敵。ヘアカタログでもファッション誌でもいいので、素敵だと思うヘアスタイルをチェックしてみて。実はショートヘアでも、パーマがかかっていても動きがあるものは100%アイロンが入っているのがわかるはずです。

とはいえ、長い髪を巻くより、短い髪は確かにやりづらい…でも簡単にできる方法があります。

それが……!「なみなみ巻き」

アイロンのパイプのカーブをひと波として、交互にカーブをつけていく方法です。ワッフルメーカーでワッフルを焼くみたいに形を作ります(!)。

ヘアメイクさんによると、ファッションの現場ではこの巻き方が結構使われているという話。巻き髪初心者でもできる簡単な方法なので、ぜひ覚えて。




ショートボブ巻き髪やり方

なみなみ巻き手順

①26ミリか32ミリ幅のアイロンを用意します。ちなみに、短い髪は細いアイロン、長くなるほど太いアイロンが重宝するでしょう。

②顔のすぐ横の髪を指に挟んでとり、手ぐしでざっくりきれいにしたら、毛先にワンカール分だけ外巻きに巻きつけます(クリップは内側向き)。髪の中間にアイロンを挟み、毛先方向に向かって滑らせるとうまくいきます。

画像

③くるんとカールした毛先のすぐ上を、今度はクリップが外側になるように、アイロンの向きを反対にして、①でできたカールの上に、内巻きにワンカール分巻きます。

画像

④ほら!波の形になりました! 形できたらすぐにほぐせばゆるいカールになり、しっかり巻きを残したかったら冷めるまで置いてからほぐして。

⑤②と③を繰り返します。巻く回数は自分の髪の長さに合わせて、2回でも3回でもいいですが、あまり根元までやらなくてOK

⑤ついでにトップも巻いてふんわりさせるべし。髪の中間からアイロンを入れて巻く。

⑥仕上げにワックスを手に薄〜く伸ばして髪の内側からかき上げながらなじませる。

 

ショートボブの巻き髪まとめ

パーマがかかっていても、アイロンで熱を通すようにしましょう。髪の質感がやわらかく見えます。パーマはどうしても髪が硬く見えがち。アイロンを通すだけでふんわりやわらかになるので、ぜひお試しを!

 

 

投稿者プロフィール

ikumanami
マチュア女性のヘア情報サイト『HAIRISTA』編集長。幼い頃、化粧品販売の仕事をしていた母の影響で、コスメ、ヘア&メイクに興味をもつ。女性誌編集部での美容ページ担当を経て、フリーランスの美容エディター・ライターとして独立。現在は主に一般女性ファッション誌・美容雑誌のヘア、スキンケア、メイクアップ関連の美容ページのほか、化粧品メーカーの広告、WEBの編集・ライティングを手がける。
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚式ヘアスタイル
40代
40代大人女子にふさわしい結婚式ヘアスタイル・髪型とは?

40代大人女子の「結婚式向けヘアスタイル選び」は、呼ぶ方も呼ばれる方もどうしても慎重になってしまいま …

ショートヘアー
ショートヘアー
ショートヘアでも巻き髪ができる!

ショートヘアでも巻き髪がしたい!そんなリクエストにお応えして、髪が短くても巻いて動きを出す方法を紹介 …

丸顔ヘアスタイル
40代
40代にオススメの丸顔ヘアスタイル・髪型

丸顔の悩みといえば太って見えるというところ。シャープな小顔に憧れる女性も多いですよね。でも40代とい …