40・50代で急増中のセミロング。彼女たちは美髪のために○○にこだわっていた!

40・50代のセミロングヘアスタイル
photo/横山翔平(t.cube) ヘア&メイク/伊杏(RUALA) モデル/菅 真奈美さん(47歳・主婦)

 




40・50代のヘアスタイル・髪型の変化

雑誌のヘアページを作っていて実感するのは、ここ数年ほどで、髪の長い40・50代の女性が増えたこと。先日もこんな企画に関わりました。

マイエイジのセミロング特集

ちょっと前までは「ミセスショート」みたいな言葉があって、ある程度の年齢になって、お母さん世代になったら髪をショートにする、という暗黙の世界観があったのですが、今の40・50代は髪型も行き方も多様化。よって、みんながショートヘア、という状況ではなくなりました。

■50代女性 髪の長さの変化

50代髪の長さの変化

首都圏在住50代女性(花王 調べ)花王暮らしの研究所より

驚いたことに、この15年程度で長い派と短い派が完全に逆転しているんです! ミディアム、セミロングが約2倍に増えています。このデータの対象者である首都圏在住の50代女性といえば、ファッション文化を支え、バブル世代を闊歩した、今の日本でいちばん本物を知っている審美眼の高い世代なのかもしれません。その方たちが、50代になって選んだ髪型はショートじゃなくてロングだった、という事実!

 

【セミロング急増の理由】サロンモデルが教える40・50代のヘアケア

とはいえ、年齢が行けば行くほど難しくなるのが「髪質の維持」です。若い頃はなにもしなくてもツヤツヤでハリコシのある髪だったのが、白髪がカバーしきれなくなってきたり、ハリがなくなって細くなったり、チリチリしたうねりがでてきたり。

やはり「何かしなくては」きれいをキープできないわけです。きれいじゃないのにただ長い髪は、審美眼が高いだけに「許せない!」はず。そこで、ヘルシーな髪を保っている40・50代のサロンモデルさん(※プロモデルではなく、ヘアカタログのモデルなどをサロン側から依頼されて引き受けているお美しい一般の方たち)たちが何をしているか聞いてみると、ざっくり、この3つにこだわっている方が多いようです。

1 毎日の洗髪にこだわる

2 ドライヤーやアイロンなどの「熱もの」にこだわる

3 たんぱく質を意識して摂る

「なんだー、普通のことじゃん」と思うかもしれませんが、誰でもすぐにできることでもあります。そして、本当にこの2点にちょっと目を向けるだけで、今までと違う髪に出合えるんです!さっそく具体的にその実践のポイントを探ってみましょう。

 

【セミロングのヘアケア】1 毎日の洗髪にこだわる

肌もそうなのですが、「洗うこと」にこだわると、髪は確実によくなります。

大人になったら、「どうせ流してしまうんだからなんでもいいや」という考えはやめて、洗い流すものをもっているケアの中でいちばんいいものに変えてみてください。肌なら、クレンジングや洗顔料、髪なら頭皮クレンジングもの、そしてもちろんシャンプーです。

「20代の頃はオイリー肌や混合肌で脂とり紙が必須だったのに、30代以降はむしろ乾燥肌に」という人は多いはず。大人になったら、自分の体から出る脂は「宝物」です。その「宝物」を洗浄力の高いシャンプーでガシガシ洗ってしまうと、大事な自分の皮脂まで落としてしまうことが。大人の髪に合ったものを使うと同時に、ときどきは頭皮の毛穴クレンジングを取り入れて。今は、シャンプー前のクレンジングオイルやクレイなどが手軽に入手できるようになりました。そういったものを週に一度使ってみてください。肌で言ったら保湿化粧水前の角質ケアローションのようなものですね。

そしてもうひとつのポイントは、熱すぎるお湯で洗わないこと。熱いお湯は頭皮を乾燥させます。肌の乾燥が、シミ、シワ、たるみ、ニキビに肌荒れなどすべてのスキントラブルの引き金になるように、髪においても頭皮の乾燥は髪トラブルのすべての原因。あまり冷たくする必要はないのですが、シャワーの温度はぬるめを意識してみてください。

 

【セミロングのヘアケア】2 ドライヤーやアイロンなどの「熱もの」にこだわる

今は空前(?)のドライヤーブーム。大風量・大風圧・低温度といったスゴ腕ドライヤーが登場していますが、頭皮にとってはドライヤー、髪にとってはアイロンなどにはちょっと気張って投資してみる、という女性も多いようです。ドライヤーは、髪が生きている部分であり、髪の未来を請け負っている部分である頭皮へと直接熱風を当てるだけに、慎重に選びたいもの。またアイロンは、今の髪を傷ませず持続的にきれいに見せるために、これまた慎重に選びたいもの。

ドライヤーもアイロンもすぐ壊れるものではありませんが、美髪のためには、ひとつ最新のものを検討してみてください。速乾ドライヤーは、熱を当てる時間が少なくなりますし、低温度で乾かせるドライヤーなら、頭皮にも髪にもそれだけでケアになります。最近は乾かすだけでツヤが出るというものも。毎日1回は使うものだけに、これを変えることで、半年後の髪の美しさが変わってきます。

 

【セミロングのヘアケア】3 たんぱく質を意識して摂る

ざっくりいえば人間は水とたんぱく質でできています(ものすごくざっくりですが)。そして、髪の主成分もたんぱく質です

「髪は血の余り」ともいいますが、これは、体の中で必要な部分…内蔵や血液や筋肉などに十分に行き渡ったら、その余りがようやく髪にまわしてもらえる、という意味です。ということは、髪まで行き渡るくらいまでたんぱく質を取ればよいわけです!

たんぱく質は、肉類・魚類・豆類(特に大豆)などに含まれています。動物性も植物性もバランスよく摂取するとよいでしょう。肉類は赤身などを選ぶと、脂肪の取りすぎをセーブできます。また、炭水化物などの糖質を控えて、たんぱく質を多く摂ることは、健康的なダイエットにもつながるので、大人にとっていいことづくめです。

40代、50代ヘアスタイル・ヘアケアまとめ

先日、50代後半で肌も髪もキラキラした、ものすごい美髪の方にお会いしたので、その秘密を根掘り葉堀り聞いてみたところ、その方はプロテインを毎朝欠かさず飲まれているそうで「中高年には絶対必要だと思う!」と力説されていました。その方は女性用のコラーゲンやエラスチンも配合されたプロテインを常用されているとのことでしたが、今は多くのタイプが入手可能。ぜひ自分に合ったものを見つけてみてください。

 

 

投稿者プロフィール

ikumanami
マチュア女性のヘア情報サイト『HAIRISTA』編集長。幼い頃、化粧品販売の仕事をしていた母の影響で、コスメ、ヘア&メイクに興味をもつ。女性誌編集部での美容ページ担当を経て、フリーランスの美容エディター・ライターとして独立。現在は主に一般女性ファッション誌・美容雑誌のヘア、スキンケア、メイクアップ関連の美容ページのほか、化粧品メーカーの広告、WEBの編集・ライティングを手がける。
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まとめ髪
40代
ロングヘアなら知っておきたい!オススメのまとめ髪スタイル

ロングヘアの女性なら必ず覚えておきたいまとめ髪のヘアメイキング。定番のまとめ髪から簡単にセットできる …

黒髪ミディアムヘア
ヘアスタイル
ヘアスタイルが決まる!ミディアムの黒髪にピッタリなアレンジ術

30代後半になってくると、明るいカラーより暗めのヘアカラーで落ち着いたヘアスタイルが増えてきます。中 …

結婚式ヘアスタイル
40代
40代大人女子にふさわしい結婚式ヘアスタイル・髪型とは?

40代大人女子の「結婚式向けヘアスタイル選び」は、呼ぶ方も呼ばれる方もどうしても慎重になってしまいま …